【2分で読める哲学】マルクス~共産主義~

哲学
この記事は約2分で読めます。

マルクスってこんな人

名前:マルクス
時期:1818~1883年
出身:ドイツ

「資本主義とは、みんなを不幸にするシステムである。必ず破綻するであろう」と結論付けた哲学者マルクス。
資本家がどんどん稼ぎにはしり、労働者は安い賃金で働かされ、格差がだんだん大きくなる。
やがて労働者は不満が爆発し、革命がおこり、やがて国家が破綻するとマルクスは考えた。
そこで、マルクスは共産主義を打ち立てた。
共産主義とは、国家が全員の財産を取り上げ国民に平等に分配するという考えである。
しかし、実際に共産主義になると、その中にも特権階級が存在し平等にならなかったり、平等の原理のもと、働く気をなくしてしまったりと上手くはいかなかった。

TOLANDコメント

競争のない平等の世界は、どんなに楽だろう~
って考えた事もあります。
でも、結局はないものねだり。
平等になったらなったで、働いても働かなくても賃金が同じなので、働かない方を選択しそうな気がします。
「競争はいらない」と考えていたものの、マルクスの考えを知ることで逆に必要性について学んだ気がします。

哲学の旅、次回がラストかな。

★オススメ書籍★

コメント