【2分で読める哲学】デューイ~で?結局なんの役に立つの?~

哲学
この記事は約2分で読めます。

デューイってこんな人

名前:デューイ
時期:1859~1952年
出身:アメリカ

プラグマティズム(実用主義)という現代的な哲学思想の代表者、デューイ。

今までは「愛とは何か?人間とは何か?物質とは何か?国家とは何か?その本質とは何なのか?」を考えてきたが、プラグマティズムでは・・・
そんな結論の出ない事を延々と議論したってしょうがないから、「その効果は何か?」という実用的な事だけ問いかけようよ!というもの。

簡単に言うと、「分かったところで、なんの役に立つの?」とい観点で全ての物事を考えましょうという哲学。

Aを信じることが人間にとって有用だとしたら、Aの真偽によらず、Aは真理である!
と考えてしまおう~という哲学なんです。

TOLANDコメント

かなりシンプルな答えになった気がします。
ただ、人間にとって有用か?というのは、どの範囲で考えればいいのだろう。
やっぱり全人類かな?
でも環境保護なども人類の為になると考えると、シンプルになったようで、まだ幅広い感じがしますね。

まだまだ、哲学の旅は続くよ~^^

コメント